2011年05月15日

自分のミスを進んで認める

ほとんどの人は、自分の問題を人にせいにする。

それは人間の本性なのだ。


何かがうまくいかなくなったときに、それが自分のミスであることを認めるのは勇気がいる。

身分のミスを進んで認めるのは、美徳だ。

「へたな水夫は風のせいにする」という格言がある。


風が船の進路を狂わせることがあるのは事実だが、うまい水夫は風のせいにせず、経験を生かして軌道修正をする。

成功者も同様だ。

彼らは問題が起こっても言い訳をせず、知恵を働かせて問題を乗り越える。



「自分の人生に責任を持つことは、子どもから大人への大きな一歩だ。

それはまでは不平を言い、周囲の人を責めるが、自己責任に目覚めれば、自分の人生を切り開くようになる。

その結果、敗者から勝者へと変身することができる。」

ブライアン・トレーシー(アメリカの経営コンサルタント)



★「人生において成功する方法」のサイト
  ↓
http://horaisuccess.web.fc2.com/index.html
【関連する記事】
posted by ホーライ at 10:01| Comment(0) | 成し遂げる人の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。